事業案内

事業案内

Business

一般住宅基礎工事 Works

一般住宅基礎工事 Works

一般住宅基礎工事とは、更地から建物の土台となる部分を造るとても重要な仕事です。当然ながら、建設工事ではこの部分がしっかりしてないと後になって建物に大きな影響が出てしまいます。大事な建物を基礎から支える重要な部分だからこそ、より一層の正確さと慎重さを株式会社喜多建設では心掛けて仕事をしています。

施工手順 Flow

施工手順 Flow

更地の状態から配置を出し(地縄)、それを基に配置の外側に平行かつ等間隔に杭を打ち込んでいき、実際の建物の基礎の高さを追い出し、水平に貫板などの木材で囲いを作ります。その囲いに正確な位置を追い出し、対角寸法を確認します。(水盛り遣り方)

施工手順 Flow

ユンボを現場に搬入し根伐作業、砕石に置換えランマー、プレートといった重機にて締固め、防湿シートを敷き込み、建物の外周部分に捨てコンと呼ばれるコンクリートで密封します。

施工手順 Flow

水盛り遣り方から捨てコンに正確な位置を出し、墨付けをします。仕上がり部分になる外周の枠を組み、鉄筋も組み上げて行きます。自主検査にて問題が無ければ耐圧ベースの高さを出し、土台や柱を固定するアンカーボルトを設置します。

施工手順 Flow

第3者機関による配筋検査受け合格であれば耐圧コンクリートの打設を行います。ポンプ車で打ち込みを行い、コンクリート密度を高める為にしっかりとバイブレーターを掛け、ムラが出ないようにタンパーで均し、金ゴテで仕上げていきます。

施工手順 Flow

次に内部の立ち上がり部分の型枠を組んでいきます。組み上げたら枠の補強や固定をしっかりと行い、最後に基礎の天端の高さを出していきます。

施工手順 Flow

立ち上がり部分のコンクリートもポンプ車で打ち込みを行い、コンクリート密度を高める為にしっかりとバイブレーターを掛け、最後はレベラーで天端を仕上げていきます。

施工手順 Flow

養生期間を設けた後、型枠を回収し整地を行い、玄関等のコンクリートを打設すれば完成となります。

お問い合わせ Contact

受付:9:00~17:00まで

045-514-5053